「鳶職人あるある」を現役鳶職人と社長に聞いてみた!

こんにちは! 千葉県習志野市を拠点に、足場工事や鉄骨建方工事などを手掛けております、株式会社片岡組です。

突然ですが、いわゆる「あるあるネタ」ってありますよね。
今回は鳶職人の日常を、弊社の鳶職人と代表にご協力いただき、一般の皆さんにもお馴染みのあるあるネタに置き換えてみました!

夏と冬の声かけは安心する

――本日は「鳶職人のあるあるネタ」を伺います。よろしくお願いします!

代表「はい、よろしく!」

弊社の鳶職人「よろしくお願いします!」

――さっそくですが、まず最初に出てくるものは何があるでしょうか?

社長「鳶職人に限った話じゃないかもしれないけど、真夏や真冬が大変ってところかな」
――たしかに、屋外のお仕事は皆さんこういったところが大変ですね。

鳶職人「あっ、でも早朝から日中も含めて動くという意味では、そういった暑さや寒さを感じやすいというのもあるかもしれません」

社長「冬の朝とかの影響は特に大変かもね」

――片岡組でも同様ですか?

社長「まぁそういうお仕事だからねぇ」

鳶職人「でも社長、うちも含めて鳶職人はこまめに声掛けを徹底しますよね」

社長「確かにね。だから単純にデメリットとして感じてもらうよりも、チームワークが光る部分として見てもらえるとありがたいかな」

――たぶん時間の間隔を一定にして、各々が休憩をとるということもできると思うんですが、声掛けを取り入れているのは、チームワークに関わる部分だからですか?

社長「そうだね。
気候によって休憩のタイミングは変わるということもあるし、チームワークの一環でもあるかな」

鳶職人「たぶんあまりとび職になじみがない人だと『声掛けがどう具体的にチームワークにつながるんだろう』と思うかもしれません。
ただ、鳶職人の仕事というのは、想像以上に常に職人同士がつながって作業が生まれるタイミングが多いんですよ。
玉掛け(クレーンに材料をかけたり外したりすること)と呼ばれる作業の、運転者と材料をかけ外しする作業者の間でのやり取りだってそうですね。

そういう中で、各自が黙々と休憩をとるよりも、ちょっとした声掛けを入れた方が安心につながるんです。

一緒に仕事にあたるメンバーやリーダーとの会話のきっかけになるということも大きいですね。

具体的な方法論も大事だけど、チームワークってまずは現場の空気を温めたり、打ち解けることだと思っています。

もちろん、みんなちょっと恥ずかしいので口に出さないし、無意識レベルの話かもしれないですけどね(笑)

新人さんには厳しく見られがち?

――なるほど、かなりチームワーク重視のアットホームな雰囲気をイメージできますね。

社長「そうだね。
やっぱり『職人』とつくだけで厳しく見られがちだし、そこは重い雰囲気にならないよう配慮しているかな。

鳶職人「そういう意味では『厳しく見られる』というのももあるあるかもしれませんね。」

社長「確かにそうだね。
ただ実際にそんなことはなくて、例えばうちなんかは先輩や代表からこまめに声掛けをするのはもちろん、社員の方からも僕に直接相談するくらいだからね。
職人に対してちょっと固いイメージを持っている人は、うちで働いてみて驚くと思う。

――社員が代表に直接相談するんですね。

社長「そうそう。
もちろん職長にも相談するだろうけど、意外と気軽に話しかけられることが多いから、役職関係なく話しやすい雰囲気づくりはできているかな。」

鳶職人「もちろん職長も厳しい一面が全くないとはいえないけど、それはみんなの安全を考えて、確実に成長してほしいからこそですね。
無茶な怒り方は絶対にしませんよ。」

専門資格は経験を前提条件にしている

――育成という話でいうと、片岡組には資格取得支援制度というものがありますね。

社長「うん、費用負担はもちろんとび職関連の資格に合格するための実技試験に必要な対策もきっちり行っているよ」

鳶職人「費用だけでなく実技の講習まであるのは心強いですよね!
僕もこの制度に助けられました。」

――資格ってまずその仕事に就くための入場チケットのような印象がありますが。

社長「一般的なイメージとしてはそうかな。
でも、例えば「とび技能士」なんかだと3級から1級まであって、2級からは実務経験が受験資格になってくる。」

鳶職人「2級は2年以上、1級は7年以上といった感じですね。」

社長「試験自体も体力を使うから、やっぱりまずは現場での経験を積み上げておく必要があるね。」

鳶職人「先に取るというより、キャリアアップのために後から取得できるよう、日々技術を磨いていくといったイメージですね。」

――「あるある」を通して職場内でのアットホームな雰囲気や実際の職人さんたちの働く姿がイメージできるインタビューでした!ありがとうございました。

新規スタッフ求人中!


今回のインタビューはいかがでしたでしょうか?
現在株式会社片岡組では、新規スタッフの求人募集を行っております。
採用にあたり、経験の有無は一切問いません。
私たちと一緒に、やりがい溢れる鳶のお仕事にチャレンジしませんか?
熟練の職人からの指導をしっかり受けられる環境ですので、未経験者の方も着実にステップアップできますよ。
休暇のご相談にも柔軟に対応しております。
安心して働ける環境が整った弊社で、一流の鳶職人を目指しませんか?
習志野市や千葉市など県内各地よりご応募をお待ちしております。

習志野市や千葉市の足場とびなら株式会社片岡組

ただいま業務拡大中につき足場とびスタッフ求人情報を掲載中です!

〒275-0022 千葉県習志野市香澄3-5-11-2
電話:047-767-8095 FAX:047-767-8095

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

鳶(とび)職人になりたい人へ!片岡組の魅力!

鳶(とび)職人になりたい人へ!片岡組の魅…

こんにちは!千葉県習志野市に拠点を置き、千葉市中央区・稲毛区などで鳶工事を手がける株式会社片岡組です …

鳶(とび)工事の求人応募前の不安解消!

鳶(とび)工事の求人応募前の不安解消!

はじめまして!株式会社片岡組です。 弊社では習志野市をはじめ千葉市中央区・稲毛区で足場工事・鉄骨工事 …

スタッフの頑張りをきちんと評価する会社です!

スタッフの頑張りをきちんと評価する会社で…

はじめまして! 株式会社片岡組です。 弊社では、千葉県習志野市を拠点に、とび工事を承っております。 …