千葉県習志野市の株式会社片岡組は、建物の建設に欠かせない足場工事・鉄骨工事・PC工事、TC組み立て・解体工事などの施工を請け負うスペシャリスト集団です。現在は主にオフィスビルやマンション、公共施設などの大規模な建築物の建設現場に携わっています。

鳶職は外気温(暑さ寒さ)や風雨の影響を受けやすい状況下において高所・狭小な現場で作業を行なうので、危険をともなう非常に専門性が高い職種です。どんなに鳶に関する技術や技能が優れていても、事故や災害が起きてはご依頼主さまとの信頼関係が失われてしまいますので、「安全第一」をモットーに仕事を行なっています。日々の朝礼終礼や定期ミーティングなどを通じて、常に「安全」と「労働災害撲滅」に関する正しい知識と高い意識をもちながら、一つひとつの作業に取り組んでいます。

鉄骨建方・本締め

建設図面をもとに鉄骨造の建築物の骨組みとなる鉄骨を組み上げていく作業のことを、「鉄骨工事」といいます。

重機で鉄骨を持ち上げ、高所で組み上げていく作業は大きな危険がともないます。鉄骨の組み上げにおいては「玉掛け」が特に重要な工程です。吊り位置や角度が悪いと吊り上げたものの重心がズレて、振られたり落下したりと、大きな事故につながりかねません。
現場での作業は、雨や風の影響を受けやすく、状況は刻一刻と変化していくので、経験と高いチームワークが要求されます。

また、組み上げた鉄骨のボルトの本締め作業も行っております。
ゆるんだボルトがあると、落下などの大きな事故につながる可能性があるので、締め上げたボルト1つひとつにマーカーをいれていき、チェック漏れがないように徹底した施工をいたします。

足場工事

建物の建設現場において仮設足場を組む作業を、「足場工事」といいます。

現場で何もない地面の上に、建築図面をもとに建物をイメージし、後から入るさまざまな職種の職人の作業性や動線を考慮しながら仮設足場を組み上げていきます。

PC工事・TC組み立て・解体工事

クレーンの組み立て・解体工事は、主にタワークレーンを対象に行なっております。タワークレーンは大型の建築物を対象とする現場で使用されますので、取り付けの段階で手を抜いてしまうと、落下など大きな事故に発展する危険があります。弊社では丁寧・安全・確実な施工を徹底しておりますので安心してお任せください。組み立て・解体ともに専門的な知識や技術を有するベテランスタッフが対応いたします。

またPC工事などの施工にも対応しております。
部材の取り付けや吊り上げなど、様々な作業を請け負っており、鉄骨工事で培った「玉掛け」の技術を活かし、安全で丁寧な施工をいたします。